読者モデルになるためには|面接の流れを知ろう

モデルに挑戦

女の子

我が子をキッズモデルにしたいとオーディションを受ける親が多くいます。合格するためには人前でいろいろなことをしないといけないので、日頃から慣らしておくといいでしょう。

More...

新しいオーディション

レディー

キャスティング担当の仕事は、ただ配役を決めるだけではありません。今までの常識を覆し、これまで埋もれていた逸材を発見しその魅力を存分に引き出すことが1番大切なことです。

More...

オーディション合格のカギ

マイク

憧れている歌手のようになりたいと思い、ボーカルオーディションを受ける人は多くいます。しかしただ受ければ良いということではないので、レコード会社やプロデューサーの趣旨を知る必要があります。

More...

面接の流れについて

ウーマン

近年雑誌やテレビで読者モデルという言葉をよく聞きます。正規のモデルよりお給料は少ないですが、素人でも合格する確率が高く、服はブランド以外のものも着ることができるので若者に根強い人気があります。また自己流のファッションを発信することができるので、一度注目されるとテレビに出演できることもありチャンスが広がります。読者モデルになるためには、オーディションを受けなければなりません。事務所にもよりますが、いきなり写真撮影やビデオを撮るところもあるため、いつ撮られてもいいように心構えておきましょう。もしも不合格になったとしても、別の企画の際に呼ばれるというパターンもあるので、粘り強くオーディションを受けるといいでしょう。一般的な面接から自分の得意なものを審査員の前で見せることもあるので、印象に残るような特技を練習するとプロデューサーの目に止まるかもしれません。今まで多くのオーディションを受けていた方の話を聞いて、参考にしてみるのも一つの手です。人前で自己アピールをしっかりできるように日頃から意識するといいでしょう。読者モデルの募集は基本的にウェブサイトで行なわれていて、事務所の詳細や応募要項も記載してあります。不安なら多くの有名人が所属する大手の事務所を狙ってオーディション合格を目指すと安心です。何もしなければ現実は変わることはないので、不合格を恐れることなく果敢にオーディションに挑んでみるといいでしょう。