読者モデルになるためには|面接の流れを知ろう

オーディション合格のカギ

マイク

憧れのアーティストになりたいとボーカルのオーディションを受ける人は多いですが、ただ受ければいいものではありません。レコード会社が育ててみたいと思うような歌い方や面接をすることが大切です。そもそもレコード会社が利益を得ないと曲を作成することもできません。売れる見込みがあると思われたら合格する近道になるので、あまりにも個性的すぎると偏ってしまうので控えめにオーディションに望んでもいいでしょう。ボーカルオーディションで一番重要なのは、どのような場面になっても対応できる能力を持った方が合格に繋がりやすいといえます。歌唱力がなくても大勢の人を惹きつけるような歌声があれば、プロデューサーなどが育てやすいのです。プロデューサーなどがイメージするものに応えられることができれば、合格の可能性も高くなってきます。実際にボーカルのオーディションに落ちてしまう人には、クセが強すぎたり、既存のアーティストを真似した歌い方をしたりする場合がほとんどです。個性を出したいロックバンドのなら、小さなライブハウスである程度のファンを獲得するとプロデューサーの方から欲しがって契約の話が舞い込むかもしれません。自分の声を活かすためにもまずはボーカルレッスンに通って、基礎練習をすることが大切です。自分で聞く自分の声と他人が聞く自分の声には違いがあるといいます。第三者の意見を参考にするのも、自分の声をさらに磨きをかける第一歩になるでしょう。