読者モデルになるためには|面接の流れを知ろう

新しいオーディション

レディー

華々しい世界に見える芸能界ですが、俳優の仕事を得るためにマネージャーがオーディションを探してきてくれます。ドラマや映画ではかならずその役に当てはまるキャラクターを選ぶために役者をオーディションで探す必要があります。役がぴったり当てはまった人じゃないと、視聴者の心をつかむことはできないのでオーディションはとても重要になってきます。映画やドラマでキャスティングを考える仕事があります。それをキャスティングといいます。そんなキャスティングはどのように行なわれているのか、芸能プロダクションの裏側について知って得する知識を公開します。ドラマなどに出演する女優や俳優はキャスティングのとき、芸能事務所がプロデューサーと交渉することが多いので、プロデューサーや監督の意見を取り入れて主演を誰にするかなどを決めます。映画の場合はドラマなどと違い、オーディションが開催されそこから監督やプロデューサーが認めた俳優や女優が選ばれます。映画のオーディションは基本的に様々な事務所のマネージャーが気になる女優や俳優に声をかけて受けるかどうかを質問します。その後オーディションが始まりますが、キャスティング担当が配役を全て決めるわけではないのです。キャスティング担当者によって何を重視すべきか、人それぞれ異なります。

キャスティング担当の仕事で特に重要なのはどんなオーディションにするか、何をチェックすべきなのか、ドラマや映画に合わせて見極める場所を作ることです。最近では1人の主人公に焦点を当てた映画やドラマも多いのですが、複数人の主人公がそれぞれストーリーを展開する作品も多くなっています。この場合、キャスティングはどの俳優や女優を組み合わせるべきか、しっかりオーディションで厳正しておく必要があるのです。また別の配役と組み合わせることで、どんな演技ができるようになるかもキャスティング担当が見極める必要もあります。グループものの作品で他の配役と合わないメンバーは別の役を用意するか、別の配役にチェンジしておく必要があります。最近ではキャスティング担当が配役の表現力や技術力を見抜くだけではなく、素の状態がどうなのかチェックするオーディションを開催することも多くなっています。このようにキャスティング担当は今までの常識とは違ったオーディションを開催してみることも新たな逸材を発見することに繋がるのです。