読者モデルになるためには|面接の流れを知ろう

モデルに挑戦

女の子

目に入れても痛くない可愛い我が子を将来ビックスターにするため、小さい頃から芸能活動をさせようと日々奮闘する母親が多くいます。キッズモデルになるにはまず、一次審査で書類審査に合格しなければなりません。全身が写った写真など、記入事項を全て書いて書類を事務所に送りましょう。書類審査が受かったら第二次審査でオーディションを受ける必要があります。モデルのオーディションでは会社の面接でするような堅苦しいものはほとんどなく、自分の特技を大勢の審査員の前で発表しなければなりません。キッズモデルのオーディションによって、演技力や歌唱力を求められる場合があるので、どんなことを要求されてもいいように日頃から練習しておくといいでしょう。オーディションのコンセプトと審査員の感性で合格するかどうかに大きく影響します。またモデルをするなら人前で堂々と話したり、カメラの撮影をしたりするので子供に慣れさせておくことも大切です。キッズモデルは芸能関係のウェブサイトで募集がかけられているので、こまめにチェックしておくといいでしょう。またキッズモデルにも種類があり、小学生を対象にしたモデルや赤ちゃんモデルといったものまであります。必ず受かるということはないですが、諦めずに何度も挑戦することによって強さとタフな心を手に入れることができ、合格したら失敗した数だけ喜びは多くなるのでチャレンジしてみるといいでしょう。いろいろなことに親子で挑戦することでより子供との絆も深くなります。